美味しいお寿司

先日、バイト先のお店にいらっしゃったお客さんのお土産の話。
私が働いているバイト先に来るお客さんはたまにとてもお金持ちの方がいらっしゃるんですが、その方もそのうちのお一人でその日は手土産にお寿司を買ってきてくださってました。

そのお寿司というのがシャリに赤米を使った珍しいもので、更に使っている魚介類もどれも新鮮なものばかり。
魚介には結構うるさい長崎と北海道出身のスタッフ二人も大絶賛で、私がこの年で赤米食べれるなんて贅沢!とまで言われてしまう有様。

またその握り寿司の詰め合わせの中に入っていたウニが軍艦巻きでないこともポイントだったようで、本当に味に自信のある寿司屋は軍艦巻きにしないということも話していました(そのウニはその話をしていた女将さんがもれなくかっさらっていきました)
それらを踏まえた上での大体諭吉さん1枚くらいには相当するお寿司を戴いたんじゃないかという予測が出て普段庶民的なものしか食べていない身としては思わず震え上がってしまいました。

スタッフみんなで仲良く分けて戴いたお寿司でしたが本当に美味しくて贅沢な一品でした。
そしてお金ってあるところにはあるんだな、と改めて実感した日となりました(笑)