左利き

小さい頃からずっと左利きなんですが、不便な面もあれば便利なときもあります。
不便な面は持つ物がほとんど右利き用で作られてることです。
引き出しや扉を開けるときのドアノブは必ず左手を伸ばしたり、一歩右側へ移動しなければなりません。
座る席も必ず端っこでないと腕が当たってしまいます。
その度にいつも謝ってます。
便利な面はレジ打ちや電卓作業です。右手で持ちながら出来るので楽です。
よく器用だね、と言われますが器用なのはこの位です。
ピアノを弾くときは左も右も関係ないです。
たまに左利きの人を見かけると親近感が湧きます。
箸やペンの持ち方、書き方を見てると不器用そうにしてます。
私も端から見たら同じなんだなといつも思います。
最近は、少しずつ左利き用の物が出てきてるのが嬉しいです。
浸透するにはまだまだ時間がかかりそうですが、小さい頃に比べれば増えました。
小さい頃、習字に行って右手に変えたかったけど結局断念した今だから言えることがあります。
それは、矯正してでも右利き又は両利きにするべきです。
右利き用の物が多いので、大きくなってから苦労するならはじめから右利きになってた方が断然いいです。
両利きに関しては、使う物によって右にしたりと使い分ければいいです。
左利きの私がいうので、子供には是非右利きになって欲しいです。
利き手で苦労しないように願ってます。

赤ちゃん靴

歩けるまでに成長した我が子。
そこで早速西松屋へ行くことにしました。
西松屋は家計に優しく、子育て応援してくれててとても助かってます。
新生児から子供、マタニティなど様々な種類があり、広々としてますがどこに何があるのか一目で分かるようになってるのが嬉しいです。
また、離乳食もたくさんありスーパーで買えない物も売ってるのでとても助かってます。
靴のコーナーに行くとたくさんあり、どれも可愛くて迷ってしまいます。
男の子用、女の子用、どちらも履ける用とあるので色や履き心地を見て決めました。
紐の付いてるタイプは履かせるときに狭いので時間がかかりました。
テープタイプはシンプルなので、スッと履かせられました。
最近の靴はキャラクターや動物もあって見てるだけで癒されます。
足のサイズもあっという間に大きくなるので無難なものが一番合いました。
買って早速履かせると最初は不思議そうに触ってましたが、しばらくすると慣れて歩き出しました。
歩くことが嬉しいのか、早歩きするのですぐに転びます。
けど、最近はほとんど泣かなくなったので転んでもすぐ立ち上がり、さささっと歩きます。
歩いてる姿がとても可愛いです。
これからの散歩が楽しみです。
記念すべき初靴は本人が気に入ってくれて良かったです。
ノンエー 楽天

インフルエンザ

最近のインフルエンザはこの時期に流行るみたいです。
何年か前までは1月がピークでしたが、変わりました。
今年のインフルエンザはA型とB型があるみたいです。
幸い、今年もならずに済んだので良かったです。
知り合いの方に聞いたところ、A型は37.5℃でなるみたいです。
微熱なのに驚きました。
風邪と変わらないみたいです。
けど、去年ほど騒ぎになってないように感じます。
去年はもっと酷かったです。
インフルエンザの厄介なところは潜伏期間もあるので、いつなるのか分からないことと家族全員が自宅待機しなければならないことです。
危ないと感じたときにはすでにインフルエンザにかかってるみたいです。
家族の誰かがなれば全員待機しなければならないので、働きたくても働けません。
その間の給料ってどうなるのでしょうか?
気になるところです。
けど、他の人に移すよりは断然いいです。
心配なのは、子供や赤ちゃんがなってしまったときです。
まだ、小さくて免疫力が少ないので万が一のことがあったら嫌です。
できたらその子達がいない人がなって欲しいけど、こればかりはどうしようもないです。
毎年不安になりますが、予防接種を受けてるので何とかなってます。
今年ももう少しで終わると思いますが、早く終わって欲しいです。

毎年の花粉症

最近は季節がら、花粉がよく飛びます。
おかげで旦那の鼻水は止まりません。
ボニック 楽天をしていても止まりません。
帰ってくると必ず鼻をかむのでティッシュはあっという間に無くなります。
この時期のティッシュの消費量は2.5倍になります。
私も万年鼻炎持ちですが、旦那ほど鼻水は出ません。
また、花粉症の厄介なところは目の痒みです。
掻いても掻いても痒いので、余計目に傷が残ります。
目薬をつければいいのですが、面倒くさいと言ってつけません。
また、薬も処方してもらえば手っ取り早いのですが、病院嫌いなので市販薬で我慢してます。
もちろん効きません。
薬剤師さんに以前市販薬の事を聞いたら、眠りにくくするために効き目は弱いそうです。
やはり、処方してもらった方が確実みたいです。
花粉症用のお茶も飲んでみましたが、やっぱりダメでした。
私自身花粉症になってないのが嬉しいですが、見てて辛そうです。
また、子供も将来花粉症に悩まされたら可哀想です。
旦那の子供なので、遺伝するかもしれませんが、出来ればなって欲しくないです。
早くこの時期が過ぎ去って欲しいです。
この時期スーパーに行くと、ティッシュの売り切れがよくあるので早目に多目に買っといて正解でした。
ティッシュの消費量世界一の日本ですが、花粉症があるから仕方ないのかなとこの時期はいつも感じます。
春は1番好きですが、花粉だけは何とかなって欲しいです。

ピアノレッスンしてました

ピアノ練習をしてるとレッスンしてた頃を思い出します。
色んな生徒さんがいて、コツコツ練習してる子もいれば週末の子もいます。
コツコツしてる子でも練習内容を工夫する子もいればしない子もいて様々です。
個性がありますが、飲み込みの早い子は練習も工夫してくる子が多いように感じます。
進むペースも早く、テキストも2、3ヶ月で一冊クリアします。
ゆっくりの子はそれなりのペースはありますが、表現力はよく出てます。
弾く姿勢と音を聞いてるとよく分かります。
どう弾きたいか聞くと、すぐ答えてくれるので嬉しいです。
私の説明不足で困らせてしまうこともありますが、それでもついてきてくれてる生徒さんは有難いです。
上手に出来たから次も頑張ろうと張り切る時もあれば、悔しくて泣いてしまい次こそはと練習に燃える子もいます。
ピアノに限らず何でもそうですが、コツコツ練習してやっと一人前になります。
例えて言うと、花や鶏と同じです。
少しずつ成長してやっと開花します。
開花すると楽しくて仕方ないみたいです。
ずっと続く訳ではないですが、クリアする毎にどんどん吸収して欲しいです。
今は育児で一杯ですが、落ち着いてきたらまたレッスンを再開しようと考えてます。
生徒さんの笑った顔、やる気に満ちた顔を見れるのが何よりの楽しみですから。

友人宅

半年ぶりに友人の家へ行きました。
優光泉をお土産に持っていきました。
建ててそんな経ってないので新しいです。
駐車場は広く、夏にはよくそこでバーベキューをするそうです。
小さな庭はお子さんがサッカークラブに入ってるので、サッカー用のゴールがあります。
中も広々としてて、キッチンや畳部屋、リビングが繋がってるのでどこも狭さを感じません。
また、家族で毎年ディズニーへ行ってるので部屋のあちこちにミッキー、ミニーがいます。
寝室や子供部屋も広く、友人曰く全体的に狭いけどそこを利用したよ!と話してました。
家の間取りは友人が決めたみたいで、それがよく出てました。
また、収納も所々にありどこもたっぷり入るのが驚きました。
ほぼ1人で決めたみたいですが、素晴らしいです。
建てるときは決めることが多過ぎて苦労したそうですが、いざ建てると苦労が報われたみたいです。
広々としてる理由はきっと全体的に統一感があると思われます。
私もいずれ家を建てるときに参考にしたいと思います。
大きい家は要りません。
狭くても中が広々とした家ならどんな家でも良いです。
家族みんなが笑って暮らせる家を建てたいです。
また、遊びに行ったときに色々聞いてみようと思います。