製作費がいっぱいかかる番組はもう作れないかもです

「大改造!!劇的ビフォーアフター」という所ジョージさんが司会をしていた番組が終わるそうです。
私も何度か見たことありますが、この番組は、ただ単にリフォームした素敵な家を見せるだけではなくて、その家族が抱えている問題を解決できるようなリフォームをしてくれるので、いつも感動もつきものでした。

例えば、足腰が弱くなって車いすを使っているおばあちゃんのためにバリアフリーの家にリフォームしたり、子供達と両親がいつも家族一緒に過ごすことのできる家を作り、家族の対話が増えるなど、リフォームしてもらった家族がいつもハッピーになる結末だったので、すごく楽しかったです。

リフォームしてもらった家族がリフォーム代を払うにしても、予算があるだろうから、そこから出たら、テレビ局が払うのかもしれないと思うと、番組の制作費はかなりかかったのかもしれません。

そんなことを思っていたら、ネットニュースで、この番組に関する裁判のニュースを見つけてしまいました。
今年の7月にリフォーム会社が朝日放送に対して、約2900万円の損害賠償を請求して裁判を起こしていました。

追加リフォーム代を朝日放送が支払っていなかったそうです。
やっぱり、お金がかかるから番組がなくなったのかなあ?と想像してしまいました。

嫁姑問題は大変そうです

私の友人が、円形脱毛症になってしまったそうです。
髪の毛が生えてくるまで美容院には恥ずかしくていけないと言っておりました。

円形脱毛症ということは、何かストレスになることでもあったのかと思い、聞いてみました。
友人は最近はないけれど、半年前頃に起きた事件かもしれないとのことでした。

その事件とは彼女の姑さんが起こしたものでした。
内容を聞く前に、友人が最近、小包が姑さんから送られて来たけれど、連絡していないとのことでした。

それを聞いて、いただき物をもらったのに、お礼をしないのは友人にちょっと問題があると思いました。
しかし、姑さんがしたことを聞いたら、友人の態度もしょうがないと思い直しました。

半年前に、彼女の娘が姑さんの家に泊まりに行ったそうです。
そこで、どんなに私の友人がダメな母かということを娘さんに何日も言い続けたそうなんです。

それから、友人の親戚にも電話をして、友人のダメな点を並べあげたそうです。
あまりに友人の姑さんが意地悪なので、びっくりしてしまいました。

悪口を散々言われた友人もかわいそうだし、お母さんの悪口をおばあちゃんから聞かされた友人の娘さんも傷ついたと思います。
せっかく、かわいい孫がおばあちゃんの家に遊びにいっているのに、なんてことをしたのだろうかと思いました。

友人は当分姑さんには関わりたくないそうです。
だんなさんからもOKがでているそうです。

円形脱毛症が治りますように。
カロバイプラス 楽天